高見 真平

2007年多摩美術大学情報デザイン学科卒。同年より日立製作所のデザイナーとして、UI・UXデザインやインフォグラフィックスの研究・クライアントワークに携わる。近年は、社会課題を切り口に描いた議論喚起的な社会・生活のビジョンをもとに、テクノロジーの使い方を探索する研究活動と、ビジョンをサービスとして社会実装するビジネスプロデュース活動に取り組んでいる。

iF DESIGN AWARD 2018 プロフェッショナルコンセプト部門 および GOOD DESIGN AWARD 2018 を受賞

担当科目

  • 2D造形
  • インフォグラフィックス基礎