藤本 直明

東京工業大学理学部物理学科卒業(素粒子物理学)。インタラクティブな空間デザイン、画像認識・音響処理・物理演算などの技術を駆使したソフトウェアの開発や、電子回路の設計制作、「体験」をテーマにした作品制作を行う。
主な作品:《ImmersiveShadow》《覗かれ穴》《新しい過去》

主な著作:『電脳Arduinoでちょっと未来を作る』(共著/CQ出版)、『MakingThingsSee(日本語版)』(監修/オライリー・ジャパン)

担当科目

  • インタラクティブデザイン演習