主担当教員

>吉橋昭夫

概要

経験デザイン(Experience Design)全般をテーマにして研究・制作を行います。フィールドワークによる観察と表現、ユーザーや顧客の経験のデザイン、サービスの企画と具体化、コンテンツやアプリなどのUI/UXなどを広くテーマの対象とします。顧客やユーザーに豊かな経験を提供することを目標にして、サービスやコンテンツをデザインしていきます。また、新しいデザイン分野や異分野との交流、企業との協働などに積極的に取り組んでいきます。

卒業研究制作への取り組み

4年次の卒業研究制作は、自分で課題や問題を見つけることから始まります。見出した課題や問題に対してどのように取り組むか、自ら進んで考えデザインしていくていくことが4年次の学びです。

ゼミでの課題制作と指導を通じて、自分自身の「デザインの考え方」を身につけることを目指します。

新しいデザインの問いを見つけ、進んで新しいことにチャレンジできる人を歓迎します。ゼミでのディスカッションなどを通じて、いまよりも一段階レベルの高いデザインを探求して欲しいと期待しています。

関連講義科目:共通教育科目のマーケティング関連の講義(「マーケティング論」など)の履修・聴講を推奨。