主担当教員

植村朋弘

概要

「贈る経験」のデザイン(アプリケーションデザイン/ iPad、iPhone アプリ)をテーマにUX デザインを学ぶ。デザイナーは、人々の生活を豊かにするためにモノ・コトをデザインしている。それは人々に喜ばれる・感謝されるモノやコトを提供することであり「贈り物(プレゼント)」というキーワードで捉えることができる。 授業では「愛着」の経験に着目していく。愛着とは、私たちにとって大切なモノやコト、慣れ親しみ心引かれ、生活や人との関わりを楽しく豊かにしてくれるものである。そこには経験と価値が深く関わっている。はじめにいくつかの「ワークショップ」を通して、デザインによって生まれる色々な経験の価値のかたちを学んでいく。そして自分の愛着あるモノやコトの経験を観察していき、自分にとって愛着をもてるアプリをデザインする。次に親しい人、大切な人を具体的な「あなた」を設定し、その人の生活の価値観についてリサーチ(インタビュー調査)をおこなう。それをもとにその人にとって「愛着のもてるアプリケーション」をデザインし、最後にそのアプリをプレゼントしていく。作業はグループ制作or 個人制作で展開する。アプリケーションデザインは、Adobe Xd を使ったシミュレーションモデルで作成します。