主担当教員

>宮崎光弘

概要

人の感覚や感情に働きかけるデザインとは ? それはどのようなもので、どうしたら創れるのだろう。本ゼミでは、 エモーションという観点で、過去のデザインや身の回りにある様々な事象を教員と学生で持ちより、どこに「デ ザインの魅力」が潜んでいるのか? またどのような「感動の構造」があるのか? を研究・分析します。

2017 年度前期は「雑誌的」というテーマで作品制作を行います。最近、雑誌は以前に比べてあまり読まれなく なったとよく言われますが、そもそも「雑誌」とはどのようなメディアでどんな魅力があったのかを調べます。 そして、その魅力の本質的な価値を抽出し、現代に合わせて「雑誌的」なモノやコトをもう一度デザインするこ とに取り組みます。


これまでのテーマ

2011 年度 前期/「PaPaCo Design Project」(電通との産学協同プロジェクト)         

2012 年度 前期/「新しいコーヒー体験」(ネスレ社との産学協同プロジェクト)         

2013 年度 前期/「Good Good Morning」(行動観察から発想するデザイン)         

2014 年度 前期/「グラフィックレコーディング」

2015 年度 前期/「光と音による新しい体験」(授業協力:ソニー株式会社)         

2016 年度 前期/「朝の体験のデザイン」ー行動観察から始めるデザイン