主担当教員

>藤本直明

概要

フィジカルコンピューティングやラピッドプロトタイピングなどを通じて、多様化する実空間とメディアのインタラクションを取り扱う技術を習得することを目的とします。まずは、Arduino のプログラミングやセンサーに ついて学び、Arduino にセンサーや LED などを繋いでインタラクティブな装置の制作について少しずつ学んでい きます。また、Processing と Arduino を連携させる方法や、レーザーカッターを使った工作の基礎についても 学びますので、必要に応じて制作に取り入れてください。これらのテクニックや既存の家電製品や電気で動く玩 具などを組み合わせて作品を制作していきますが、電気・電子的なデバイスを使っていれば最終課題の形式は自由 です。形式的な課題よりも「自分の作品」を作る事を重視しますので、すでに作りたい物があり、その制作のため の技術を学びたい方の受講を歓迎します。