メディア芸術コースの入学試験

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 メディア芸術コース

総合型選抜

募集人員20名 学校長推薦不要

メディア芸術コースは、2017年度より総合型選抜を実施しています。これまでの一般入試では判定できなかった、デジタル技術を用いたアートやデザインについての表現力や、思考力のある人材の発掘を目的としています。「A. オンラインポートフォリオによるプレゼンテーション」または「B. タブレットPCを用いたデジタル平面構成」の科目選択制の試験になっています。

A. オンラインポートフォリオによるプレゼンテーション

「オンラインポートフォリオによるプレゼンテーション」は、これまでに制作してきた作品や、活動などをインターネットで閲覧できる形式のポートフォリオとして制作し、そのURLを提出してもらいます。面接では、そのポートフォリオを用いたプレゼンテーションを行ってもらいます。

評価のポイント
  • 作品や活動のユニークさや、ポートフォリオの制作力や編集力。
  • 自らの考えを述べるプレゼンテーション能力。

B. タブレットPCによるデジタル平面構成(5時間)

「タブレットPCを用いたデジタル平面構成」は、タブレットPCを使用して平面構成を制作する実技試験です。試験では、カメラを搭載したタブレットPCが配布され、モチーフを撮影したり、その画像をペンを使って編集や、線を描いたりするなど、自由に使用できます。そうしてモチーフを観察、構成した素材をもとに、平面構成を制作してもらいます。

評価のポイント
  • モチーフへの観察力
  • デッサンを行うときもモチーフをよく観察することは重要です。
    カメラレンズの視点でモチーフをとらえようとすると、画角やアングルなどの自由度が増します。
    試し撮りをしてから、選ぶことも可能です。

  • 事象としてとらえる分析能力
  • カメラは、動いている時間を切り取る道具です。
    時間を意識すると、物質が変化する様子や、重力の働きなどの事象を捕らえることができるようになるでしょう。

  • メディア機器の特性に対する理解力
  • デジタルカメラは何が得意で何が苦手なのか。スタイラスペンはどれぐらいの表現力を持っているのか。
    使用する機材の特性を熟知して最大限活かすようにすれば、イメージの領域は大きく拡大します。
    タブレットPCを創作の道具としてとらえてください。

  • メディアオペレーションを含めた視覚的な発想力
  • 使用アプリにはさまざまなエフェクト効果が用意されています。
    アプリを使いこなして、視覚的に訴える力のある作品を制作してください。

  • 画面における構成力
  • 画面における色彩や形体のバランスや構成力が作品作りに大事であるのは、
    デジタルでもアナログでも変わりません。デジタル作業では、トライ・アンド・エラーを繰り返して
    よりレベルアップした作品づくりを目指すことができます。

デジタル平面構成で使用するアプリケーションとプロセス 
※2020/7/16更新

以下のアプリケーションを使用する予定です
※試験時には、タブレットPCを最新のOSのバージョンで用意する予定のため、手順等が変わる可能性があります。


1.デジタル平面構成のための素材を作る
2.素材を調整したりコラージュする

「カメラ」
モチーフを撮影するために用います。

「Adobe Photoshop」

・ドローイング素材を使用する場合、ドローイングを描くために用います。
・撮影した写真の切り抜きや、素材のコラージュを行います。
・明度、彩度などの色調補正を行います。


3.カメラロールに作品を保存する

「写真」
「Photoshop」からカメラロールに作品を保存します。カメラロールには完成した作品だけでなく、 作品制作に用いた素材や、途中経過の画像もそのまま残しておいてください。 制作プロセスも見て、総合的に評価します。

▶︎デジタル平面構成 Q&Aページはこちら

参考作例2021年度作例



2021年度問題


[問題]
タブレットPCのカメラでモチーフを撮影し、得られた画像データと、あらかじめ写真アプリに保存されて いる画像素材を任意に選び、指定アプリを使って平面構成作品を制作しなさい。



[条件]
  • 画面サイズは自由とする。
  • モチーフは自由に加工することができる。
  • 画面内では文字や文章で説明してはならない。
  • インターネット接続は禁止する。
  • 提出作品データは写真アプリに保存すること。複数枚提出してもよい。
  • 試験終了後に記名票を封筒の表に貼り、封筒の中にタブレットPCを入れて回収する。

[注意]
  • 出題の内容に関する質問には回答できません。
  • 機器のトラブルが生じたときは代替え機を用意しますが、データの消失については責任を負いません。

[モチーフ]
ミラーシート 1枚、チェッカーボード 1枚、ipadにあらかじめ保存されている画像素材



[配布物]
モチーフ一式
はさみ 1個 タブレットPC 1台
スタイラスペン
ACアダプター
充電ケーブル
問題用紙 1 枚
下書き用紙 2 枚(A4サイズ上質紙)
封筒
記名表 1 枚

参考作例2020年度作例



2020年度問題


[問題]
タブレットPCのカメラで人物を撮影し、得られた画像データをもとにして、指定アプリを使って平面構成作品を制作しなさい。

※ モデル撮影は午前の部(10:00〜12:00)とする。
※ 午後の部(13:00〜16:00)は、タブレットPCによる制作時間とする。
※ モデルの身体に触れてはいけません。
※ 周囲の人に配慮しながら撮影すること。
※ 試験時間中の注意事項は、試験監督の指示に従うこと。


[条件]
  • 作品の画面サイズは自由とする。
  • 作品の画面内では文字や文章で説明してはならない。
  • インターネット接続は禁止する。
  • 提出作品データは写真アプリに保存すること。複数枚提出してもよい。
  • 試験終了後に記名票を封筒の表に貼り、封筒の中にタブレットPCを入れて回収する。

[注意]
  • 出題の内容に関する質問には回答できません。
  • バッテリーが少なくなり、ACアダプター接続が必要な場合は申し出てください。
  • 機器のトラブルが生じたときは代替え機を用意しますが、データの消失については責任を負いません。

[モチーフ]
モデル(ダンサー)

[使用紙]
タブレットPC 1台
スタイラスペン
ACアダプター
充電ケーブル
問題用紙 1 枚
下書き用紙 2 枚(A4サイズ上質紙)
封筒

一般入試

一般入学試験では、「視覚表現」「鉛筆デッサン」の2つの実技試験が行われます。それぞれ、基礎的な観察力、発想力、表現力などを総合的に判断して選抜します。

1. 視覚表現(5時間)

「視覚表現」では、与えられたテーマに対する独自の解釈や表現を視覚的に表現します。基礎的な表現力だけでなく、テーマに対する発想力やコンセプトを重視して判断します。

評価のポイント
  • 作品や活動のユニークさや、ポートフォリオの制作力や編集力。
  • 自らの考えを述べるプレゼンテーション能力。

2021年度 参考作品

2021年度問題

[問題]
「共生」という言葉には、自然における共生と、人間社会における共生の、ふたつの意味があります。たとえば自然界では植物や動物の共生があり、いっぽう人間社会においては異文化共生や男女共生、地域共生といった言葉が使われます。
あなたが考える「共生」をテーマに自由に視覚表現しなさい。

[条件]
  • タイトル票に作品のタイトルを20字以内で記入すること。
  • 記名票は右上になるように使用すること。
  • タイトル票は左上になるように使用すること。

[注意]
  • A3の紙2枚は下書き用紙です。
  • イラストボードの切れ端は試し塗り用紙となります。
  • 出題の内容に関する質問にはお答えできません。

[使用紙]
TMKケントポスターボード(両面張り540mm × 540mm)

2020年度 参考作品

2020年度問題

[問題]
今まで出会った人、今まで行ったことがある場所、今まで学んできたこと・・・など、今まで経験してきたことをベースに、自分史の物語の地図を作りなさい。

[条件]
  • タイトル票には、この地図のタイトル名を書くこと。
  • 記名票は右上になるように使用すること。
  • タイトル票は左上になるように使用すること。

[注意]
  • A3の紙2枚は下書き用紙です。
  • イラストボードの切れ端は試し塗り用紙となります。
  • 出題の内容に関する質問にはお答えできません。

[使用紙]
TMKケントポスターボード(両面張り540mm × 540mm)

2. 鉛筆デッサン(3時間)

「鉛筆デッサン」は、問題文を踏まえ、与えられたモチーフを鉛筆でデッサンします。この試験では、モチーフに対する基礎的な観察力と表現力を重視して判断します。その上で問題に対する発想力も総合的に判断します。

評価のポイント
  • 作品や活動のユニークさや、ポートフォリオの制作力や編集力。
  • 自らの考えを述べるプレゼンテーション能力。

2021年度 参考作品

2019年度問題

[問題]
あなたが地球上で新しい生物(生命体)を発見しました。それはどんな生物(生命体)でしょうか?その生物(生命体)を与えられた素材(粘土)を使って、手とヘラで造形的に表現し、生物(生命体)を発見した情景を鉛筆で描きなさい。

[条件]
  • 配布された粘土を手とヘラで自由に変形し、鉛筆デッサンのモチーフとして使用すること。
  • タイトル票に作品のタイトルを15字以内で記入すること。
  • 用紙は横位置とし、記名票が右上になるように使用すること。
  • タイトル票は、左上になるように使用すること。

[注意]
  • A4の紙2枚は下書き用紙です。
  • モチーフは持ち帰ることができます。
  • 出題の内容に関する質問にはお答えできません。

[使用紙]
ニューTMKポスター特厚口(B3)

2020年度 参考作品

2020年度問題

[問題]
「動と静」をテーマに、粘土と立方体(木)を使って造形的に表現し、その情景を鉛筆で描きなさい。

[条件]
  • 配布された粘土と立方体(木)を自由に変形し、また組合せ、モチーフとして使用すること。
  • モチーフとして粘土と立方体(木)以外のものを描いてはならない。
  • 用紙は横位置とし、記名票が右上になるように使用すること。

[注意]
  • A4の紙2枚は下書き用紙です。
  • モチーフは持ち帰ることができます。
  • 出題の内容に関する質問にはお答えできません。

[使用紙]
ニューTMKポスター特厚口(B3)